ミートプレスを使って鉄鍋で焼いた鶏もも肉の塩焼き

今回ご紹介するのは、鶏もも肉のグリル・・・というよりもミートプレス!今までは別に無くてもいいかなあと思って買わずにいましたが、やはり気になるので思い切って買ってみました!

早速鶏もも肉を焼いてみると・・・今まで味わった事のない香ばしさと皮のパリパリ感!しかもジューシー。アメリカには一家に1つ、ミートプレスがあるそうです。お肉大国アメリカではミートプレスは当たり前なんだそうです!

ミートプレスと南部鉄器のフライパンで焼いてみた

鉄鍋とミートプレス

こちらは先日買って愛用している南部鉄器のフライパンと、今回購入したミートプレスです。鉄のフライパンだけでも美味しいんですが、どんな焼き加減になるか楽しみ!

鶏肉を常温に戻す

鶏肉の下処理は、常温に戻すだけ!最近はずっと酒をまぶして臭みをとっていましたが、今回はなるだけシンプルに!

皮目を焼く

鉄鍋を熱して皮目を焼いていきます。油は鍋に軽く塗っただけです。強火で鍋を空焚きして煙がでたら弱火にします。

ミートプレスをセット

ミートプレスをセットして、弱火~中火の中間ぐらいで5分焼きます。途中で皮目の焼き具合を見て、ミートプレスの位置を変えました。結構熱いので鍋つかみか乾いた布巾が必須です。

油を吸う

ひっくり返して3分焼きました。かなり脂がでてくるので、途中キッチンペーパーで2、3回吸い取りました。仕上げに皮目を再度1分ぐらい焼いて完成です!

鶏もも肉の塩焼き

味付けもせず、塩につけて食べるだけ!食べた感想は・・・・最高です。今まで食べたチキンソテーで一番うまい。しかも断トツ!安いお肉ですが(笑)見た目もうまそうですが、香りも最高です!

皮目を焼く時に蓋をしようか、かなり迷いました。今回は蓋をせず焼いてました。次回はちょっと蓋をして焼いてみたいです。その訳は、油が結構飛び散って何度もふきふき(笑)

もし蓋をして仕上がりが落ちたら蓋をせずに焼きますが、大差なければ掃除が楽なほうがいいな!

油揚げ焼き

鶏もも肉がうますぎて、もう一枚ぐらい食べたいけどストックが無いので油揚げで我慢。とはいえ、これもうまいぞ!

油揚げにミートプレス

油揚げ焼きは好きで何度も作っていますが、焼き色の付き方が全然違いますね!ミートプレスはベーコンプレスともいわれるので、ベーコンも焼いてみたいなあ!

南部鉄器のフライパン、グリルパン、ミートプレスはもう、我が家の三種の神器!(笑)

ミートプレスですが、鉄のもありますがステンレス製にしました。洗うのが楽ちんなので使いやすそうですよ。重量感ちょうどいい感じでコレおすすめです!

スポンサーリンク
鶏もも肉の塩焼き
最新情報をチェックしよう!
>一汁一菜一献|うまい飯と酒で健康に。

一汁一菜一献|うまい飯と酒で健康に。

ご覧いただきありがとうございます。