発芽玄米入りご飯、生利節(なまり節)の味噌汁と鶏の照り焼き


最近忘れがちなこのブログのテーマ(笑)

今夜は一汁一菜です。

開腹手術をした2年半前からスタートした一汁一菜一献ですが、最近は飲んだくれの記録!?(笑)

暴飲暴食のツケがまわったのかなあ、と反省して初めた一汁一菜がテーマのブログだったんですけどね。

おうち居酒屋という新しい楽しみも見つけたし、健康に飲んでいるのでまあいっか!

とはいえ、最近はコロナやらインフルエンザやら免疫大事なのでリセット!

気持ちを込めた一汁一菜一献です。

土鍋で炊いた発芽玄米入りご飯


しばらくやめていましたが、また発芽玄米入りご飯。

やっぱり主役のご飯なのでしっかり土鍋で炊きました!

なまり節の味噌汁


おかずをまだ迷っていた時に見つけた美味しそうなかつお。

刺身で一汁一菜もなあ、と思って思い浮かんだのは、かつおの味噌汁。

そのまま入れと臭みが強いかなあと思って前に作って美味しかったなまり節の味噌汁にしました。

もったいないですが、カツオはいったん蒸してなまり節に。

かつおのサクに塩を振って30分。

ザっと洗って酒をふって15分蒸し上げます。

昆布だしで作った味噌汁に仕上げに入れれば完成。

冷蔵庫にあった青梗菜と人参を入れました。

やっぱり美味しかった!なまり節の味噌汁です。

鶏の照り焼き


おかずは鶏の照り焼き!

鶏もも肉を普通は切らずに作ると思います。

今回は一口大にして塩コショウして片栗粉をまぶして焼きました。

多めのサラダ油でまずは長ネギを焼いて一旦取り出します。

そこに鶏肉を入れて焼き目がついたら余計な油をキッチンペーパーで取り除きます。

事前に混ぜておいたタレを入れて少し煮詰めれば出来上がり。

タレは鶏もも肉2枚分で醤油、みりん、酒を大さじ4、砂糖を大さじ2の予定でしたが・・・

醤油が足りず(笑)

薄口醤油があって適当に足したら塩辛くなっちゃいました。

けどご飯には合いました!

片栗粉をまぶして焼くと香ばしく焼けるしタレも良く絡んで美味しかったです。

さて、一献の方は福島の生酒を仕込んでおりました。

一献だけですんだかどうかは・・・ご想像にお任せいたします(笑)