醤油味!牛すじ煮込みのレシピ

特売の牛すじを見つけたので、牛すじ煮込みを作りました。牛すじ煮込みは過去に数回しか作った事が無いのでネットでレシピを調べてみましたが、なかなかしっくり来るものがありません。牛すじの下処理も人によって結構まちまちなんですよね。

結局自己流でやってみる事にしました。まだ研究段階ですが備忘録も兼ねてご紹介します!

牛すじの下ごしらえ

牛すじ下ごしらえ

まずは牛すじの下ごしらえです。牛すじはしっかり臭みをとらないと、かなり美味しくないものが出来ます。(経験あり)

インターネットで調べると、水から煮て茹でこぼすのを1回の人もいれば、3~4回やる人もいました。生姜と長ネギの青いところも入れたり入れなかったり。ひとまず臭いと美味しくないので、今回は念入りに臭みとりをしました。

まずは二度茹でこぼします。水から煮て沸騰して3分ぐらい煮たらザルにあけ、軽く洗ってまた水から煮ていきます。一度目はかなりアクがでるので小まめに取ります。二度目はそんなにアクは出ませんでした。

三度目は長ネギの青い部分と生姜を入れて水から煮ていきます。沸騰したらアクを取って蓋をせずに一時間ぐらい様子見ながら弱火で煮ます。

スポンサーリンク

別の鍋で根菜を煮て下茹でした牛すじを合わせる

根菜を煮る

今回は根菜と一緒に牛すじを煮ました。牛すじの下茹でを始めたら根菜を切り分けて準備していきます。今回は大根、人参、ゴボウです。牛すじを下茹でしている鍋とは別の鍋に切った根菜を入れて水から煮ていきます。長い間煮込むので水は多めに入れます。

下茹でした牛すじ

一時間ゆでた牛筋を根菜の入った鍋に入れます。

調味料を入れて煮る

下茹でした糸こんにゃくと調味料を入れて後は気長に1時間ぐらい煮ます。

調味料は薄味で味付けをして煮詰めていきます。醤油と味噌を入れたり、味噌だけだったり味付けも色々ありますね。以前醤油と味噌にしたら、醤油だけの時に味見した時の方が美味しかったです。今回は醤油味にしました。

醤油2、酒2、砂糖1の割合で入れます。煮詰めて味を調整するのでお玉で2杯とか適当でも大丈夫です。

一晩寝かせた牛すじの煮込み

牛すじ煮込み

こちらは完成した牛すじ煮込みです!とっても美味しかった!けど実はこれ、一晩寝かせて食べました。煮込みが終わらず翌日に持ちこしました(笑)

そのおかげもあってか、やたらとうまいものが出来ちゃいました。味見をしながら煮込みを再開していったんですが、何か物足りなくて顆粒のカツオ出汁の素を入れたら美味しくなりました。醤油も少しだけ足してバッチリ決まりました!

スポンサーリンク

まとめ

まだ未完成ですみませんが、次回の覚え書きでポイントをいくつか!

次回は根菜を別鍋ではなくて一緒に煮ようと思います。美味しかったんですが、もう少し牛すじの味が汁に欲しかったかも!?二回目の茹でこぼしの時に生姜と長ネギの青い部分を入れて15分ぐらい下茹でして、あとは根菜と一緒に煮ていこうと思います。その際にカツオ出汁を入れてみようと思います。

あと少し塩気が足りなければ仕上げに醤油を少し足して調整します。

それと・・・今回は夕方から仕込んだので、次回は昼から仕込む!そしたら晩酌には間に合いますね(笑)

少し残してカレーにリメイクもしたかったんですが、美味しくて平らげてしまったので、次回はもっと大量に作ることにします!

スポンサーリンク
牛すじ煮込み
最新情報をチェックしよう!
>一汁一菜一献

一汁一菜一献

ご覧いただきありがとうございます。