池波正太郎【男の作法】に触発されて刺身で飯を食う

「刺身で白飯を食う」とグーグルで検索してみると食えない!無理!という検索結果が出てきます。そりゃないだろ、と思ったりもしますが、魚の種類によっては確かに飯よりは酒だな、という事もあります。

池波正太郎の食に関するエッセイが好きでよく読んでいますが、ときおり鯛の刺身で白飯を無性に食べたくなります。鯛はほんとに一番ご飯と合うと思います。

スポンサーリンク

鯛の刺身と筋子の醤油漬け、お吸い物に煎茶


この鯛の刺身と白飯を煎茶をお吸い物にして食べるって事は、池波正太郎の真似っこをして以来お気に入り。ほんとご飯と鯛って美味しい!煎茶で流し込んだらたまりません!


鯛だけでも満足なんですが、鯛の上に輝いているこちらは、しばらく前から気になっていた筋子。自家製いくらを漬けたりしていたので買いそびれていましたが、やっぱりうまそうなので購入。

普通の筋子はもっと未熟な小さめの粒で塩漬けですが、この筋子は醤油漬けで粒も少し大きめです。食べた感じも見た目通りいくらと筋子の中間といった感じで、ご飯にとてもよく合いました。贅沢な献立ですね!

生醤油に酒を少し入れるとうまい

晩酌で鯛の刺身を食べる時はお醤油に一工夫すると美味しいです!

生醤油に美味しいお酒をタラっと入れます。これに刺身を泳がせてワサビをのせて食べると最高!ご飯にも合いますが、晩酌も美味しい!

鯛はアラもうまいので、もしアラがあったらお吸い物も美味しいです。

もう簡単すぎですが、水を沸騰させて酒を入れて鯛を入れて梅干しを入れてほぐして少し煮てみました。適当な割にはうまかった!

スポンサーリンク

ハレの日の刺身の盛り合わせ

鯛の刺身で食べるご飯とお酒をご紹介しましたが、やっぱり刺身の盛り合わせが最強ですね(笑)

鮪もサーモンも、ご飯と合わせたりお酒に合わせたり。旅館の夕飯などで、一通り食べた後で一汁一菜が出る事が多いですが、船盛りと一汁一菜もいいもんですね。おうちならではの贅沢!

スポンサーリンク
>一汁一菜一献|うまい飯と酒で健康に。

一汁一菜一献|うまい飯と酒で健康に。

ご覧いただきありがとうございます。