おうち居酒屋と一汁一菜~ホヤ酢、タコわさび、つるむさらき塩炒め、鯛の刺身~、


こちら、〆の一汁一菜です。酒好きだとどうしてもダラダラつまみ作ってダラダラ飲みがちなので、最近はつまみでちょっと飲んでから一汁一菜で〆るのがベストじゃないかと思い始めています。
おうち居酒屋でダラダラ飲むのも、一汁一菜のシンプルごはんも好きですが、いいとこどりな感じです。

今回の一汁一菜は鯛の刺身となめこ汁です。今日は飲む!って時は仙台駅にあるエスパルの地下にある魚屋、魚の北辰に寄っちゃいます。ちょっと高いですが、大手スーパーとは格段に違うので毎回楽しみです。今日の鯛は岩手県産で、岩手県出身ながら岩手県産の鯛なんて食べたことないかも!?と思って奮発して買っちゃいました。東京では西日本産の鯛がほとんどでした。まあ、なんやかんや貧乏舌なのでうまいけど味の違いは説明できず(笑)

エスパルの魚の北辰の隣に、いたがきという八百屋さんがあって、新鮮な野菜が並んでいます。味噌汁に使ったなめこは鳥海なめこという特大のなめこで、シメジぐらいの大きさのなめこです。食べ応えありますが、普通のちっちゃいなめこの方が好きかな。

おつまみ三品、まずはタコわさび


一汁一菜の前におつまみ三品で晩酌しました。まずは魚の北辰で売っていた総菜のタコわさびです。かなりわさびが効いていて生じゃないタコも美味しくてつまみに最高でした。結構パンチがあるのでだいぶ酔っ払って日本酒に合わせたい感じでした。

ホヤ酢


魚の北辰で殻のままのホヤがあって、お店でむいてもらいました。結構な量だったので醤油と酢と砂糖バージョンと、シソドレッシングバージョンの2種楽しみました。やっぱりきゅうりと相性いいですね。大量でしたが新鮮で美味しかったのですぐ無くなりました。

つるむさらきのオリーブ塩炒め


これ、何気に今日の一番だったかも。いたがきで売っていた宮城県産のつるむらさきで、ほんと新鮮で切り口がまだ緑で瑞々しいので採ったばっか?って感じでした。もうシンプルでいいやと、適当(笑)に炒めました。
つるむらさきを半分に切って茎と葉っぱに分けて、オリーブオイルで茎をしばらく炒めてから葉っぱを投入し、アジシオと胡椒を振って完成です。素材がよかったか、とても美味しかったです。