ホットプレート・BRUNO(ブルーノ)ですき焼き!ついに完成した私の流儀!?オリジナルすき焼きで一献ならぬ一本!

すき焼き
今夜はすき焼きだー!

今朝は健康診断だったので、昨晩はお酒も飲まず、20時で食べる事をやめ、朝ご飯もたべず、フラフラでした・・・。

そんなんで行ったのに、まさかのバリウム検査中止!!
なんか、開腹手術してちょうどピッタリ一年なので、もうちょっと様子見たほうがいいかも、と言われちゃいました。

一応事前に調べたりしていて、1年たったらとか、胃腸じゃなくて胆嚢だから大丈夫そう!?とか、やれると思ったんですけどね。
特にバリウム好きって訳じゃないんですが、胃の調子があんまり良くない気がしていたんで、見て欲しかったんです。
しょうがないから胃カメラ飲もうかなー。

そんなこんなで、怒りのお肉購入!
・・・・結局胃の調子は暴飲暴食が原因だよね(笑)

BURUNOホットプレートですき焼き

BRUNOピンク
こちら、まさかの懸賞で当たっちゃったホットプレート、BURUNOです。ピンク色!(笑)
今回はこのホットプレートですき焼きをしてみました。

すき焼きって、小さい頃は食べなかったし、大人になってからも実はあまり食べていないです。
すき焼き風の味付けの鍋はたまにやるんですが、ガチなすき焼きはほんと数えるほどしかやっていないかも。
すき焼き用のお肉高いしね・・・。

牛肉ならしゃぶしゃぶとかステーキとか煮込みとか、そっちの方が多いですね。簡単だしお腹いっぱい食べられる感じ。

すき焼きは色々なやり方があったり、鉄鍋とか色々ハードルが高い気がします。

今日も最初は焼肉にしようかな思って肉屋に行きました。

BURUNOが当たってからまだ使っていなかったので、焼肉やりたくて。
けど値段も分量も肉質もいい感じのが見つからず、どうしようかなーって時にすき焼き用の肉が目に留まりました。

そのお肉とホットプレートを考えて・・・これだー!と閃いて買っちゃいました!

すき焼きは色々なやり方がある


すき焼きは関西風があったり、関東風があったり、魯山人のすき焼きとか、池波正太郎のやり方とか色々あります。
最近はやったスタンディングねぎ鍋みたいなすき焼きもありますね。

今も昔も自分流のすき焼きはほんと沢山ありそうです。各所ですき焼き論争なる歴史が(笑)
みんなほんとすき焼きが好きなんですね!

今日閃いたのは、すき焼きやる!って事じゃなくて、実は自分流のすき焼きのやり方が閃いちゃいました。
もともと焼肉やるつもりだったので、ちょっと関西風に近いです。
割下は手抜きして市販のものを使っていますが、それはそれで楽ちんだったので正解かも。

細かい手順と食べる枚数とか、もう今回のでほぼ決まり!ってぐらい気にいちゃいました。
そんな、『私の流儀』をご紹介!!

自己流で大満足!すき焼きのやり方

すき焼き
材料(2人分)

  • すき焼き用の肉 300g
  • 牛脂 1個
  • 長ネギ 2本
  • ほうれん草 1束
  • 卵 2個
  • 白米
  • すき焼きのタレ
  • 一味
  • 山椒

作り方

牛脂を溶かします。


はじめのお肉を焼きます。もうお腹ペコペコ!


焼けたらすき焼きのタレを少し入れます。


最初の一口はほぼ焼肉!一番うまいところです。


二回目もお肉もすぐ堪能!


割下は加減しつついれて、煮詰まりそうになったら水を差します。


三回目はちょっとネギの風味を加えて堪能!


四回目はネギの上に肉を投入して絡める!


ネギをくるんで堪能!
ここでお肉終了(笑)

すき焼肉高いので、300gがいいところ。今日のお肉だとひとり4枚でした。
薄いけど大判なので、意外とお腹がふくれます。

すき焼きの難点は、脂っこくて砂糖も多いので食いすぎ注意な事です。
今日も黒烏龍茶買おうか悩んだ(笑)

あと、もう煮え具合が勝負なのでここまでかなりの集中力!
特にあれこれ野菜もいれず、ちょっとだけネギ入れるくらいでとにかく肉に集中!!
会話もせず、もう、うま!うま!うま!しか言わない(笑)

そんなこんななので、4枚ぐらいがちょうどいいかも。


さて、主役の(笑)
ここからがメインディッシュです。

ネギを煮ながら炊き立てのご飯をよそいます。


ネギが煮えたらご飯にのっけましょう!


そんでもって、お肉の油とタレが染みた卵をかけちゃって下さい!


我が家おすすめ!?二味ふりかけて完成!


どどーん!主役のご飯です。もう無心でかっ込みましょう!


かっ込みながら、残った汁はほうれん草に差し上げます。
ササっと下茹でして用意していたほうれん草がようやく最後に登場!

ご飯をかっ込みながら、酒を飲みながらつまみましょう。

満腹満足で充足な好き焼き

BRUNOピンク
こんなにすき焼きって楽しくて美味しいもんだったとは(笑)

農具の「鋤(すき)」が語源だと思いますが、やっぱり「好き」を意識しちゃいますよね。

料理はやっぱり好きにやるのが一番ですねー。

★ホットプレートBRUNO良かったですよ!2人でちょうどいい大きです。
火力もいい感じだったので焼肉もやってみたいなー。
けどたこ焼きプレートもついていたので次回はタコパかな。
別売りの深鍋はついていなかったので買い足す予定。お鍋やりたい!

BRUNO コンパクトホットプレート レッド BOE021-RD

BRUNO コンパクトホットプレート レッド BOE021-RD

8,580円(12/15 15:41時点)
Amazonの情報を掲載しています




あわせて読みたい