特売の鯛の刺身が美味しくなる!鯛の昆布締めの作り方

今回ご紹介するのは、鯛の昆布締めです。少し難しそうなイメージがあって、これまで作った事はありませんでした。しかし作ってみるととっても簡単!鯛の刺身用の柵を買ってきて昆布で挟むだけです。食いしん坊!?なので買ってきたらすぐ食べたい方ですが、一晩我慢して食べるのもなかなかいいですね。ぜひ参考にして作ってみてください!

スポンサーリンク

鯛の昆布締めの作り方

鯛と昆布

鯛のこぶ締めは刺身でも出来ますが、今回は柵で作りました。柵と同じぐらいの平らな昆布を準備します。

昆布を濡らす

昆布はキッチンペーパーに日本酒を湿らせて拭きます。全体が軽く湿る程度で十分です。

柵をのせる

ラップの上に昆布をのせ、鯛の柵をのせます。塩を振って作る場合もありますが、そのまま使いました。柵は軽く水気をキッチンペーパーで拭いただけです。

昆布をかぶせる

もう一枚の昆布をのせます。

ラップでくるむ

ラップでくるんで冷蔵庫で1日寝かせます。

寝かせた鯛の昆布締め

こちらが1日寝かせた鯛の昆布締めです。ひとまわり小さくなって、少し透き通っていますね。

鯛の昆布締め

食べやすくスライスしたら完成です!塩気は入れていないので、刺身醤油につけて食べます。昆布の香がふわっとして、とっても美味しい!これは完全に日本酒のお供ですね。

刺身は鮮度が命!と思って、いつもは休日などに刺身を買うと、その日の晩に食べる事が多いです。実は昆布締めを作った日、その晩は肉が食べたくて、翌日に刺身を食べたいなあという気分でした。昆布締めは1日かかるのでちょうどいい!と思って作ってみたら大成功!でした。

昆布締めに使った昆布はザッと洗ってラップでくるんで冷凍すると、もう一度ぐらい使えます。もったいないので是非やってみてください。

それと、刺身に塩を振って10分ぐらい置いて水気を拭き、2時間ぐらい昆布で挟んでも昆布締めが出来ます。2回目の昆布でやってみましたが、これも美味しかったです!

思ったより簡単で美味しかったので、鯛以外の魚でもやってみたくなりました。おすすめなので、ぜひ試してみてください!!!

 

 

スポンサーリンク