おでんならぬ、ポトフならぬ、ぽでん!牛肉蒸しで一汁一菜一献

本日の夕食:ぽでん、牛肉蒸し、ビール

ブログタイトルが一汁一菜一献なのに全然ちがーう、と思ったりもしながら書いています。

ただ、ぽでんは一汁、牛肉蒸し一菜、ビールが一献、あれま(笑)いいように考えることにしました。

ぽでんって何?それはおでんとポトフの融合

和風だしで洋風の具材を食べることは結構やっていて、ぽでんもよく食べています。

今回はカツオ昆布椎茸煮干しの合わせ出汁の素を使ってウインナーやセロリといったポトフに入ってそうな具材を煮ました。

間違いなく美味しいです。一緒に入れた豆腐は島豆腐、あと冬瓜もいれました。

味付けは、しょうゆと塩とオイスターソースです。

最初オイスターソースを大さじ1ぐらい入れて、煮ながらしょうゆと塩を足していって味見をしながら作りました。おでんをオイスターソースで作ると美味しいので参考までに。

これから冬にかけて、ぽでんは簡単で美味い料理です。ベーコンと白菜とか合わせてもおいしく出来ます。

牛肉蒸しはちょっと危険

胆嚢摘出したので油が消化しにくい身体となってしまい、油滴る肉を避けてはいますがやっぱり食べたい!

そこで蒸してみました。塊はハードル高いので薄切り肉にして、くっつかない様にもやしとえのきでミルフィーユ状態に挟んで蒸しました。

少し酒を振りかけて、強火で7分ぐらい蒸しました。

鍋から飛び出しそうでしたが、だいぶかさが減っていい感じです。実食の結果は・・・コッテリしてた!

なんか、かなりワイルドなお味でした。ポン酢で食べましたがコッテリしたしゃぶしゃぶみたいな感じで牛肉の味がガツンときました。けど臭みはあんまりなくてペロンと食べられました。

ビールがすすんで美味しくいただきました。

写真のお酒は自家製の梨酒!梨をホワイトリカーに2か月つけたものを本日解禁しました。