煮豚を作ればラーメンが出来る!長ねぎと醤油と酒だけで作る簡単煮豚

今回ご紹介するのは煮豚です。豚肉を煮る料理は、角煮や東坡肉(トンポーロー)、焼豚(チャーシュー)などが人気ですが、シンプルに醤油と酒で煮るだけでとっても美味しく出来ます。しかも煮汁のリメイクで、なんとラーメンセットも出来ちゃいます!

何度も作っている我が家の定番料理です。ぜひ参考にして作ってみてください!!

スポンサーリンク

煮豚の作り方

豚肉を焼く

こちらは400gほどの豚肉です。今回は肩ロースの塊肉を使いました。バラ肉やもも肉など、お好みのお肉で大丈夫です。

まずはフライパンで焼き色を付けていきます。サラダ油をひいて中火でじっくり焼いていきます。

側面も焼く

裏返して、さらに側面なども焼いて全体に焼き色を付けます。

煮込む

全体に焼き色がついたら、鍋に入れます。長ねぎ1本分と、醤油100ml、日本酒を100ml、水を300ml入れて火をつけます。

ひたすら煮込む

沸騰したら火を弱めて、弱火でじっくり2時間ほど煮込みます。蓋をしないでやってみたり落し蓋でやってみたり、色々試してみましたが、最近は普通に蓋をして、時々ひっくり返して煮ています。

煮豚出来上がり

2時間煮込んだ煮豚です!美味しそうですね。火を止めたら冷めるまで鍋に入れたままにして置きます。冷めたらタコ糸を切って外します。今回はスーパーでタコ糸がついた状態の豚肉を買いましたが、タコ糸がついていない時は、特に準備したりせずそのまま焼いて煮ています。

煮豚の味見

冷めたら食べる分を切り分けて楽しみます!醤油の効いた煮豚は保存食ではありますが、いつもすぐ無くなってしまいます(笑)

煮汁で作るラーメンと惣菜

煮豚のネギリメイク

煮豚の楽しいところは、煮汁を使った料理も楽しめる事です!まずこちらは、豚肉と一緒に煮た長ねぎをリメイクしたものです。

2時間煮てクタクタになった長ねぎは、そのまま食べると少し塩辛いです。豆腐と和えると調度良くなって美味しいですよ!煮豚が出来たらまずは豆腐和えで一献ですね。

もやし炒め

こちらはもやし炒めです。煮豚の煮汁は醤油と酒と水なので、炒め物に使うと美味しいです。普通に醤油のつもりで使うと色々な料理に活用できますね。

チャーシュー麺

こちらはもはやメインディッシュ!?チャーシュー麺です。最近はこれが食べたくて煮豚を作っている様なところもあります(笑)

煮豚の煮汁を使うと美味しいラーメンが出来ちゃいますよ!

作り方は簡単!まずはお湯を沸かして、鶏がらスープの素を溶かします。オイスターソースを2人前で大さじ1ぐらい入れ、後は煮豚の煮汁を味見しながら足していきます。お好みですが、少しアジシオか味の素を入れると旨味が際立ってラーメンっぽくなります。オイスターソースがなければ鶏がらスープの素と煮汁だけでも大丈夫です。

後は茹でた麺にスープをかけて、切り分けた煮豚、長ねぎを入れたら美味しいラーメンの出来上がりです!

自家製ラーメン

煮豚を作る時は、豚肉と長ねぎに加えて、ぜひラーメンの麵も買いましょう!!これは一番シンプルなラーメンですが、ゆで卵を作って煮汁に漬けておいてラーメンにトッピングしたり、煮干し出汁を取って加えたり、アレンジも色々出来るので自家製ラーメンを楽しんで作ってみてください。

調味料忘れてはいけないホワイトペッパーですが、ガーリックパウダーもおすすめです!ラーメンの汁に生ニンニクやチューブのニンニクを入れてもいいんですが、胡椒を振る感覚でガーリックパウダーを入れるのもおすすめです!

煮豚とラーメン!最高な組み合わせなので、ぜひ参考にして作ってみてください。

磯ラーメンもおすすめ!

関連記事

本日の主役は手作りラーメンです。ラーメンは家で作るとなると、あれやこれや準備して大変そうなイメージですが、今回ご紹介するラーメンは簡単に出来ます!材料も少なくて時間もかかりません。見た目の通り、かなりアッサリしたラーメンですが、これ[…]

磯ラーメン
スポンサーリンク
>一汁一菜一献|うまい飯と酒で健康に。

一汁一菜一献|うまい飯と酒で健康に。

ご覧いただきありがとうございます。