生カジキで作ったねぎま鍋、ピーマンとえのきの塩昆布炒め。


寒い夜はねぎま鍋!

ねぎま鍋といえば江戸っ子のお鍋!?

まあ東京に住んではいるものの東北の田舎者なんですが、ねぎま鍋は結構好きです。

今夜も久々に食いたいなーと思って手頃なマグロは無いか物色。

しかし・・・保存料まみれの安いやつか、うまそうな生本マグロの2択(笑)

今日は少しぐらい奮発しよう!という調子ではありましたが、刺身で美味そうな本マグロすぎて・・・

まじかー、とウロウロしていたら見つけた生カジキ。

カジキって・・・カジキマグロ!

いけるのか!?


いけました!

普段よく見る冷凍カジキではなくて生のカジキだったのが良かったかも。

けど次回やるときは、酒と塩を振って少し置きたい。

少し臭みがありました。


汁は完璧!

前に奮発してトロでねぎま鍋をやった事があったんですが、汁のうまさは変わらないかも。

今回も、麺つゆ(昆布つゆ)をかけそばぐらいに薄めたものに濃口醤油を少し足しました。

因みにカジキねぎまは本マグロの1/3ぐらいのお値段で出来ちゃいました(笑)

ピーマンとえのきの塩昆布炒め


こちらはねぎを煮ている間に作ったおつまみ。

ピーマンとえのきと塩昆布を炒めたもの。

簡単で美味しいやつです。