タコの漬けで一汁一菜、鶏もも肉のグリルで一献

タコの漬けで一汁一菜
今夜の一汁一菜はタコの漬けをおかずにいただきました。刺身が食べたくて物色していたらいいのがなくて、タコは美味そうだったので買いました。岩手県産の水ダコです。煮ダコって書いてありましたが、刺身で食べられるような半生な仕上がりでした。

タコの漬け
予想以上にうまくて我ながらビックリ(笑)
タコはやっぱり山葵醤油か柚子胡椒が美味しいだろうな、と思いつつ漬けにしました。
麺つゆ(昆布つゆ)にごま油を少し入れて、薄めにスライスしたタコを冷蔵庫で30分ぐらい漬けて山椒をふって食べました。
麺つゆの濃度のよっては少し水足した方がいいかも。今回はちょっとしょっぱそうだったので、水を大さじ1ぐらい入れました。

タコとご飯
ご飯によく合いました!
タコ刺身とかタコぶつとか、酒のつまみでビールや日本酒に合わせていつもは食べていましたが、これはご飯に合います!
アレンジで何か一味とか豆板醤とかでピリ辛にしてもいいかも!?
マグロやサーモンの漬けも美味しいですが、タコ!おすすめです。

鶏もも肉のグリル
メインディッシュ!?の鶏モモ肉のグリルです。生焼けだったり焼きすぎだったり、魚焼きグリルでのチキングリルはなかなか難しいんですが、今回はいい感じだったので覚え書きです。

鶏肉は酒と塩コショウをして15分ぐらい置いて、水分をふき取ってまた薄く塩をして焼きました。結構塩キツ目の方が美味しいです。
まずは魚焼きグリルを強火で空焚きして温度を上げて、強火のまま鶏肉入れて皮目を焼いていきます。2分ぐらいで表面にちょっと焼き色がつくかどうか、ぐらいになるのでごく弱火に変えます。
そしてじっくり15分ぐらい焼いて様子見てひっくり返して強火にします。1分ぐらい炙ったらまたひっくり返して皮目を強火で乾かして焦げる前に火を止めました。
その後5分ぐらい放置してから切り分けます。レモン汁をかけて完成!

コツとしては、ある程度強火で表面を焼いたら弱火で時間かけて焼くこと。15分経ってひっくり返したのは表面の油を落としたくて強火で両面炙った感じです。

けっこう乱暴なやり方かもしれませんが、ジューシーで美味しかったです。
タコの漬けにも使った鶏肉の下に敷いた野菜はホワイトセロリです。普段は結構高くて買いませんが、半額だったので買ってみました。鶏肉と相性ばっちりで美味しかったです。タコの漬けともあったので、和食でも洋食でもなんでも合いそうな野菜です。

今日は朝から不調で飲みすぎかなーって感じなので珍しく自主的な休肝日。
オチョコ1杯の日本酒とノンアルで頑張りましたー!