胆嚢摘出後の生活について 食事、後遺症、職場復帰など。

胆嚢摘出後の食事

肝臓で作られた胆汁は脂肪の分解、消化、吸収を助ける働きをします。胆嚢は胆汁を濃縮・貯蔵する場所ですが、摘出すると胆汁が濃縮されずに腸に流れ込むので脂肪に対する消化吸収が一時的に減退して下痢をすることがあるそうです。

胆嚢摘出手術後の食事についてですが、退院して二週間たちますが、今のところ下痢をしていません。手術前よりすこし気を使ってはいますが、食べる分量を調整しているせいかもしれません。下痢をしやすいと言われている冷たい牛乳やアイスなどは問題なく、肉や魚も脂肪分が少な目のものを選んでいるせいか問題なく食べられています。

天ぷら、揚げ物類は食べていませんが、唐揚げや焼き鳥は大丈夫でした。肉、魚が駄目というよりは、分量を押さえめにしてバランスよく食べていれば大丈夫そうです。個人差はかなりあると思いますが、結構大丈夫だな、という印象です。

アルコールも控えていましたが、手術からちょうど半月たった日にビール250mlだけ飲んでみました。そこから、毎日日本酒おちょこ1杯とかほんの少し飲んでいますが今のところ大丈夫です。ただ、あまり調子にのると治りが遅くなりそうな気配は感じています。お腹が赤くなることがあったり、分量が少なくても酔いが早い印象はあります。血液検査の結果で肝臓の機能がまだ十分回復していないので先生からは最低でも1か月はアルコールを控えるように言われました。


胆嚢摘出後の注意点


お風呂ですが手術から5日目で初めてシャワーを浴びて、その後もずっと毎日シャワーだけでした。手術から15日目の時に確認したら浴槽もOKとの事だったのでようやく手術から18日目で入浴しました。浴槽で寝そべるような姿勢になると意外と腹筋に圧がかかって少し苦しかったので姿勢を正して入っています。

重いものを持ったり腹筋など腹圧のかかるようなことは2か月は避けたほうがいいそうです。皮膚の傷ではなく、中のほうが開いて腹壁瘢痕ヘルニアになると大変みたいです。手術から半月ほどたてば、もう日常の家事はできると思います。掃除、洗濯、料理などゆっくりにはなりますが、問題なく出来ます。ただ布団の上げ下ろしだったりカンビンのゴミ捨てだったり、少しでも重いものかな、というものの作業は避けるようにはしていました。

後遺症に関しては胆嚢がないという事よりも手術自体の後遺症への注意に徐々に気持ちが変わってきました。便秘しないようにヨーグルトやヤクルトを欠かさず接種したり野菜をしっかりたべたりしっかり歩いて運動したりすることが大事だと思います。

胆嚢摘出後の後遺症


退院後も体の変化があるかと思います。右肩や背中の痛みが生じることもあるようですが数日すると消失するようです。背中はたしかにちょっと左寄りの背中がちょっと痛んだり痺れたりを繰り返しています。胆嚢のあたりの脇腹は神経が通っていて、神経を切除しているので色々な影響があるようです。

傷跡も少しかゆみが出たり、チリチリ違和感があったりしましたがすぐに収まりました。傷の周りに触っても感覚のない部分もありましたが、手術で神経も切っているので徐々に治っていくそうです。逆に治っていくとシャツに擦れていたいのか、こすれる痛みが徐々にでてきました。

腹痛や吐き気、嘔吐はすぐ病院に連絡したほうがいいと思います。緊急であれば救急車ですが、なるだけ救急車の前に病院に電話するように退院の時いわれました。あと傷の出血や痛み膿なども要注意で、熱は37.5℃ぐらいが3日ぐらい続いたら一度電話してみるように言われました。今のところこれらの症状はありませんでしたが、退院したからといって油断はできないので、とくに吐き気がでたらすぐ連絡したほうがいいと思います。


胆嚢摘出後の職場復帰の時期


開腹手術だったので、手術後1ヶ月で職場復帰をする予定です。もともとその期間で休暇を取っています。けっこう長いのかなと思ったりもしていましたが、開腹手術をするなら余裕があったほうが絶対にいいと思います。退院直後ぐらいは、すぐ大丈夫じゃない?と思ったりもしますが、ほんと少しずつしか回復していきません。運動もあまりできないので体力もなかなか戻りません。

一カ月後はフルタイムではなくリハビリ出勤(短時間勤務など)でちょうどいいと思います。

自身の体験をもとに書いていますが経過はひとそれぞれ違いがあるはずです。焦らずゆっくりが基本だと思いますので、一例として参考にしてください。

応援よろしくお願いします。


肝臓・胆嚢・すい臓ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
にほんブログ村