ツナ缶が味の決め手!我が家のキムチ鍋

最近春めいてきて暖かかったんですが、今日はほんと寒くてキムチ鍋であったまろうと思って久々に作りました。

キムチ鍋と燻製土鍋いぶしぎんミニで作ったおつまみ燻製で今日も飲んで温まります。

キムチ鍋の作り方

このキムチ鍋は我が家の定番なんですが、ふりかえると結構久々かも。

一時期はよく大量に作って死ぬほど腹パンになってましたね(笑)

このレシピの味の決め手はツナ缶!

昔バイト先に韓国人の留学生がいてキムチ鍋にツナ缶入れるって言っていました。

あと今日は入れてないですが、白菜の芯を入れると甘味が出てうまいそうです。

今回はキムチだけで白菜は入れていないですが、白菜も入れるとさらに美味しく出来ます。

死ぬほど食っちゃいますので、もやしにしときました。

作り方

  1. ごま油でキムチを炒めてツナ缶を汁ごと入れてさらに炒める。
  2. 水とニンニクを入れて沸騰させる。
  3. 豚肉、椎茸、えのき茸をいれて煮る。
  4. 味噌と醤油を入れて味付け。

シンプルですがいい味です。

スポンサーリンク

定番ウインナーと沢庵の燻製


こちらは燻製おつまみ!

色はきれいに出ていませんが、美味しかったです。

真っ白いウインナーを茶色く染めよう!とやってみましたがうまくいかず・・・。

美味しいのでお家で食べるには上等です。

いつも使っている燻製土鍋のいぶしぎんですが、二段構造なのでウインナーともう一つどうしようと思いました。

冷蔵庫に沢庵がねむってて秋田のいぶりがっこが酒のアレとしてよぎったので沢庵を燻製にしてみました。

フレッシュないぶりがっこって感じですが、これはこれで美味しい。

鰤の塩麴漬けとホタルイカの燻製


燻製2ラウンド目です。

これまた色づきは微妙ですが、味はよいです。

とくにホタルイカはうまい。

さすがに3ラウンド目は待てない(笑)

燻製網に乗りきらなかった切り身は普通に魚焼きグリルで焼きました。

鰤の塩麴漬けですが、美味しいですね。

食べ比べしてみたら、燻製の方がうまい!(つまみとして)

いぶしぎんミニおすすめです。

スポンサーリンク
キムチ鍋
最新情報をチェックしよう!
>一汁一菜一献

一汁一菜一献

ご覧いただきありがとうございます。