常備菜で一汁一菜と、くるみタレを作ってみた昼下がり


本日の昼食:海藻の味噌汁、かぼちゃの煮物、発芽玄米ご飯、タラコ、牡蠣の味噌煮


けっこうルール無視な一汁一菜

一汁一菜とはいいがたいところもありますが、シンプルごはんです。常備菜があれば炊いて味噌汁作れば献立が出来上がりますが、正直苦手なんですよね・・・。食べたいものを食う!というスタンスなので、スーパーに行ってもこれから食いたいもの目線で買っちゃうので保存食の意識がまるでありません(笑)
かぼちゃの煮物と牡蠣の味噌煮はもらい物です。牡蠣はどうやって煮たのか、結構味噌味の塩気がついていてご飯のおかずになりました。冷たいままで美味しかったです。冷酒に合わせたら美味しそうなので、今度真似して作ってみようと思いました。

くるみタレを作ってみた

先日、岩手の物産館でくるみタレを見つけて懐かしいなあと買って食べましたがちょっと甘すぎでした。母親から前に作り方を聞いていたので、なんとなく作ってみました。

材料は、くるみと味噌汁(笑)

そして、こうなります!

大事なのは国産の無添加のくるみを使う事です。残念ながら近所では見つからず、アメリカ産のくるみを使いました。

なぜ味噌汁があるかというと、昔はくるみをすり鉢ですって、味噌汁の上澄みをいれて練って作ったもんだよーと母親から聞いていたからです。実は作り方を伝授されたわけではなくそのことを覚えてただけで、味噌汁の上澄み以外に何か入れるかは知りません(笑)
ただ先日買ったタレの材料は胡桃と醤油と砂糖だけだったので、いけるかなあと作ってみました。醤油の代わりに味噌汁の上澄みを使うんだと思います。

くるみを細かくすっていって、ある程度粉っぽくなったら味噌汁の上澄みを少しずつ入れながらペースト状にしていくだけです。味見をしたらちょっと苦みがあって砂糖を少しいれました。けっこう昔食べてたような味になりました。母親は外国産のくるみはダメだーと言っていましたが、やっぱりちょっと風味が悪い感じもありましたが、懐かしい味でお正月の餅が楽しみになりました。