鯛の煮物、鶏軟骨塩炒め、大葉と沢庵の和え物、糸こんと明太子の辛煮。


ちょこちょこと、作って食べるおうち居酒屋の王道です。

メインは鯛を煮たもの。

魚が食べたくてとりあえず鯛の切り身を買って、さあて焼こうか煮ようか蒸そうか考えた結論は・・・麺つゆで煮る(笑)

別茹でした絹さやとワカメを添えてみました。

鯛は一応しっかり下処理。

酒と塩を振ってしばらく置いてから霜降りに。

昆布つゆでサッと煮ました。

まずくはないけど・・・酒と醤油と塩だけでお吸い物にした方が美味しかったかな。

飲みながら考えた結果の料理なので、まあ話の種にもよい肴。


こちらはサクッと作った一品目。

こないだ買った向田邦子の手料理という本にあった、沢庵と大葉を混ぜて白ごまをふったもの。

沢庵を水洗いするっていうのがちょっと新鮮でしたが、さっぱりとして塩気もぬけていいもんでした。

すこしパンチが欲しくてラー油垂らしたらいい感じでした。


こちらも向田邦子レシピのアレンジ。

オリジナルは貝柱だったのを明太子に変更。

糸こんと鶏肉と明太子を酒と醤油とみりんで味付け。

シンプルで美味しい。


これは初めて買ってみた鶏肉軟骨。

ヤゲン軟骨は燻製とかで使いますがこちらはヒザ軟骨。

唐揚げが定番ですが普通に塩焼きでも美味しかったです。

こまめに油をキッチンペーパーで拭くのがコツ。


鯛を食べたあとは蕎麦で〆。

やっぱり蕎麦は生麺で茹でたてを氷でキンキンに冷やすと美味いです。

ザ・おうち居酒屋な晩御飯でした。