手軽に作ろう!ひとり分の味噌汁の作り方

本日の昼食:小松菜と舞茸と煮干しの味噌汁、ミョウガとツナのしょうゆ炒め、白飯

これぞ一汁一菜!といった献立です。一人分の味噌汁ってなかなか作りにくくてインスタントなりがちですね。しかし一汁一菜にとって味噌汁は具沢山であって欲しい。栄養面を考えても2,3種類は具材を入れたいですね。

そんなひとり分の味噌汁を手軽に作ってみたのでご紹介いたします!

手軽に作るひとり分の味噌汁

一汁一菜にとって大事な味噌汁です。

4人分など多めに作るのは簡単ですが、ひとり分だけを作るのはなかなかどうしたものかと試行錯誤しておりました。最近実践しているひとり分の味噌汁の作り方をご紹介します。

水250mlを鍋に入れて煮干しを2匹いれて少しおきます。頭とワタをとってもいいですが、そのままでも美味しいです。お好みですね。

具材を切って入れます。水に対して具が多すぎるように見えますが、大丈夫です。ここから蒸し煮の様な感じで火を通していきます。

写真は蓋をしていませが、火をつけたら蓋をして蒸し煮します。

少し煮たら蓋を開けてみます。具材に火が通るとかさが減ってちょうどよくなっていますね。味噌入れて溶かします。

ポイントは、簡単に!です。具材も多いかな?と思っても大丈夫。煮干しもおかずとして食べちゃいましょう。少ない水の量で具材を三種ぐらい入れると野菜だけでも十分おいしい出汁が出ます。

味噌汁=出汁をしっかりとる、と考えてしまうとひとり分を作るのが少しおっくうになるので、一度出汁無しで作って食べてみてはいかがでしょうか。

煮干しに関しては食べられるし出汁も出るのでお勧めです。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>一汁一菜一献

一汁一菜一献

ご覧いただきありがとうございます。