【胆嚢摘出手術体験ブログ】入院6日目・手術から3日目、ついに!出た!これで一安心な一日。

快適な1日

昨晩の事があり、夜は少し不安でしたが痛みもなく朝を迎えました。
とにかく水をこまめに飲んでいたので、夜中二回ぐらいトイレに行きました。

6:00 起床

病室のあるフロアを一周してロビーで白湯を飲みました。

ロビーには水とお茶とお湯が出る給湯器が合って、コップはないので持参して点滴のガラガラをもってよく行きました。

健康であればなんてことない距離でも、かなり手術後はヨボヨボなのでフロア一周でヘトヘトになりました。

病室に帰る前にナースステーションで体重を計り、自由に持ち出せるおしぼりと顔拭きシートをもらいます。

体をふいてパジャマを着替えて朝の身支度をしました。

7:45 採血

8:00 朝食

9:00 体温・血圧測定、回診

手術後はずっと38.5℃ぐらいありました。開腹手術のあとは結構熱が出るみたいです。

この日は予約37.5℃ぐらいまで下がってだいぶ楽でした。高熱があっても風邪みたいなダルさはなかったです。

寝ている時に急に汗が出たり熱くなったりしましたが、特に解熱剤も氷枕もせず普通過ごしていました。

熱があったほうが免疫が高くて安全な様な、根拠はないですがそんな気分でした。

12:00 昼食

少し余裕が出てきたので気分転換にスマホで音楽聞きながら食べてみようとイヤホンつけて食べてみました。むしゃむしゃと、咀嚼音がすごくて・・・すぐやめました(笑)

13:00 う〇こ

ついに、ついにでました!便が!でました。

おなかに力が入らないのでずっとどうしたらでるのか・・・と思っていましたが、やはり生理現象なのか、なんとなく出ました。

感覚がなくてなんとなくポロっとでたのかなーとみてみると、

結構なモノでした。うれしかったなー(笑)

胆汁のせいか、すこし緑がかっておりました。

なんとなく手術前に食べたやつっぽかったので、これからだーという気持ちでまだ不安ではありました。
けどほんと、この時はうれしかったです。

14:00 麻酔科の先生の回診

背中に入ってる硬膜外麻酔は設定で分量を変えられるのですが、痛みが落ち着いているのでこの日は一段階設定を下げられました。

回診の時は毎回痛みを10段階で例えると何ですか?という質問をされます。
なんとなくで3~4と答えていましたが、痛かった夜は8でじっとしていればほぼ0という回答をしていました。

18:00 夕食

病院食

手術から3日目ですが、早くも鶏もも肉が出ました。

胆嚢摘出後は脂っこいものなどは避けるほうがいいそうですが、朝はバターが出たり、豚肉もそうそうに出たりで、はじめは大丈夫?って感じでした。

少量ですし、結局は下痢もせずおいしく食べられました。

毎食そうですが、食べた後はお腹が張ってけっこうしんどくなります。
痛みもでるのでご飯前はけっこう麻酔をポチっとやってました。

ご飯の時ほうじ茶をもらえるんですが、配膳はナースがしてくれるものの、お茶をもらうのと片付けるのはよっぽどじゃないかぎり自分でするのでちょっと辛かったです。

ご飯の後はたいていグッタリしていました。

18:30 う〇こ

また、でました!便が!けどすごい細くて、腸大丈夫か!!と不安に・・・

19:30 う〇こ

ありゃ、下痢かなーとトイレに行ったら、健康的な太いやつでした。

ここでようやくホッとしました。

夜は運動がてらお茶を汲みに行って飲んだり、歯磨きをしたりおしぼりで体拭いたりしているとあっという間に時間が過ぎていきました。

ひとつひとつの動きが時間かかって、痛くないような動きを模索しながら動くのでほんと時間かかります。

20:00 夜担当の看護師さん回診

点滴をしばらくしてないので、腕についている点滴の針を抜いてもらいました。

これで後は硬膜外麻酔の管のみとなりかなり身軽になりました。

手術の時にはいていたストッキングはだいぶ長いことはいていましたが、この日ぐらいで脱いだと思います。

同室の人は早々に脱いでて、あれ?と思ってナースに聞いたら大丈夫ですと言われました。

もしかしたら、歩き始めたらもうOKだったのか・・・。
こういう感じの早めに確認しとけばよかったな、という事は結構ありました。

そういえばよくある足のマッサージ機はありませんでした。

結構プシュープシューうるさくて寝られなかったというブログも多かったので気になっていましたが残念ながら未体験です。

21:00 就寝

応援よろしくお願いします。


肝臓・胆嚢・すい臓ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
にほんブログ村