【胆嚢摘出手術体験ブログ】入院2日目・手術前日、検査と手術の説明で緊張の一日!

入院生活初めての朝

6:30 起床

周りが起き始めたのでなんとなく起きられました。いちおう6:00が起床時間。
特にチャイムが鳴るわけでもなく、なんとなくみんな起きだして、自分でカーテン開けてみました。

7:00 肝臓の検査

緑の液体の点滴をして、逆の腕から採血する検査です。点滴しながらひとまず横になって安静にしていました。

8:00 採血

点滴を外して採血しました。
検査中に朝食が来ましたが、検査だからと下げてもらいました。

検査が終わってもなかなか来ないので、ナースコールで催促しました。なんか、こういうところも情報共有してほしいけど・・・無理っぽい。

こちらから言わないとやってくれないって事が多々ありました。

お腹空いてたのでいよいよご飯だ、と思ったら、その前にレントゲンを撮りに行くことになりました。

9:30 ようやく朝食

この時間帯、先生方がぞろぞろと担当を回っていました。

白い巨塔まではいかずとも、ぞろぞと回診しているのをみるとそんな印象がある。
そういえば、学生とか研修医とかたくさんくるのかなあと思っていましたが、一度もありませんでした。

10:00 血圧を測る

11:00 掃除 床とゴミ箱の清掃

寝てばっかりだと病人になる!と思い、売店に新聞買いに行きました。
8階に売店があり、新聞や雑誌、ちょっとした小物や食料品が売っていました。
1階にローソンもありますが一度いったきりで、退院まで8階の売店しかいかなかったです。

11:45 昼食 ちょっとフライング気味な日もある(笑)

食後に新聞をめくるも、手術の不安からか全く頭に入らず結局うたた寝をしました。

13:00 家族が来た。
面会時間は平日が14:00~20:00、日祝は10:00~20:00となっていました。
家族なんで時間は少しずれても問題なかったです。

家族は10階の病棟まで直接きて、ナースステーションで受付してシールをもらって入る感じでした。
シールが剥がれやすくてみんな苦労してました。

18:00 担当の先生より手術の説明

会議室のようなところで、手術の説明と同意書の記入をしました。
輸血の同意書もあり、輸血も色々リスクがあるんだと知りました。

入院後に受けた内視鏡の検査結果も知らされて、やはりグレーゾーンでした。
ここで癌が否定されたらどうなるんだろうと少し思いましたが、そんな事はなかったです。

いよいよかーと、少し緊張してきました。

19:00 夕食

手術までの流れの説明が看護師さんからありました。夕食後はもう食べられず、指定の経口補水液のみ飲むことができました。

(20:00~翌6:00まで)

シャワーを浴びて手足の爪を切っておくようにいわれました。よくあるお腹の毛を剃ったりヘソの掃除などはなかったです。

手術着とストッキングと紙パンツを受け取りました。

経口補水液は1000ml渡されました。できるだけ少しずつ飲み切るのがいいそうです。

「アルジネードウォーター」4パック(125ml×4)

「アクアサポート」1本(500ml)

特殊なものでもなく、市販されていました。

アルジネートウォーターはなかなか良さそうです。

21:00 就寝

手術前夜

夜は外をみたりしてボーッとしながら過ごして比較的落ち着いていました。
あまり何も考えずほんとボンヤリした感じで普段ならまだ帰宅途中な時間帯ですが早めに寝ました。

入院中は窓際だったので、よくボーッと外を眺めている事が多かったです。
この日6人部屋に空きがでて、第1希望が6人部屋だった事もあり移動しますか?と看護師さんに聞かれました。
6人部屋は通路側だったし、もう落ち着いちゃったし、迷いましたが4人部屋のままにしました。

手術後はトイレがなかなかしんどいので、病室にトイレがある4人部屋にしてよかったです。

まあ一番は外をみるだけで気晴らしになった点でお金がかかっても変更しなくてよかったと思っています。周りの患者さんもずっとカーテンがしまっているので気になりませんでした。

音や声は聞こえますが、ある意味気晴らしになり、シーンとした個室にいるよりもいいのかな、と思えました。

4人部屋

窓からの夜景

★市販されているアルジネートウォーター

応援よろしくお願いします。


肝臓・胆嚢・すい臓ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
にほんブログ村