【胆嚢摘出手術体験ブログ】入院9日目・手術から6日目、調子が良いので翌日の退院決定!

落ち着いた一日は退院のはじまり

6:00 起床

痛みもなくしっかり寝られました。
シャワーも浴びたし普段通りパンツ一丁で寝てみたら、すごく気持ちよかったです。

下腹部の締め付けもなく楽でした。

6:30 36.3℃ 平熱で調子がいい。

手術以降Tシャツを着ていなくて、前開きのパジャマのみ着ていました。

検査や傷チェックもあるのでそうしていましたが、時間帯や天気によって窓側で少し寒い時もあって、この日は久しぶりにTシャツを着ました。

8:00 採血

入院中の採血や点滴の針を入れるのは外科の先生(研修医)にやってもらいました。

けっこう適当で、5分ぐらい押さえるなどの指示も特になくてさらっとガーゼ貼って終わりとか、けっこう充血してもアラアラって感じで特に慌てず(笑)

すごい傷をたくさん見ているとどうってことないのか、病院にいるから危機感もないのか、なんとなくズボラな印象でしたが先生がいっぱいいるんだし何があっても大丈夫という変な安心感もありました。

8:30 体重測定したら前の日よりも少し増えていました。手術後はじめての体重増加で回復を感じました。

その後フロアを一周してお茶。だいぶ朝のルーティーンが決まっていました。

ロビーからはこんな風景が見えるので、ぜいたくな朝のお茶タイムでした。

9:00 週一回のシーツ交換でした。その後ナースの掃除もきた。

9:30 先生の回診がきた。(傷チェックと問診)パジャマの着替えも届く。

9:40 看護師さんの回診がきた。(今日の担当挨拶と血圧や問診)

いつもの通りごはん食べた?便はでた?と聞かれる。

10:50 ゴミ回収

11:00 床掃除

12:00 昼食

14:00 血液検査の結果が良かったので明日退院しましょうと先生から言われました。

不安はまだあるものの、麻酔もなく点滴もなく、処置すべき事は何もないので退院となったようです。

手術後一週間ぐらいと思っていたので予定通りではありました。

退院後の飲み薬(痛み止め)と外来予定、注意事項や退院の流れの説明がありました。

不明な点は明日また聞くことができるので考えておいてくださいと言われました。

15:00 退院が決まったのでバタバタと事務手続きに入る。

会社に出す診断書を入院前に依頼していてこの日ようやく受け取りました。通常3週間ほどかかるそうです。

都民共済の書類をどうすればいいか、ナースステーションにいる事務員さんに聞いたところ、明日精算書と一緒に渡してもらえるそう。手間がなくてよかったです。

15:30 シャワー

だいぶ体調も落ち着いてくると、売店にいったり運動したりで病室を離れたくなります。

そんな時に気になるのは、回診の時間など毎日ある程度決まっている一日の流れでした。

入院の際はノートの持参をおすすめします!

前の日の流れを思い出したり、薬とか検査、シャワーの時間とか覚えるべき内容もあり、病院のスタッフだけでなく自己管理も絶対に必要だと思うので、おかしいなと思ったらノートを見返して確認できるようにしておくのがおすすめです。

体温や体重、排便や尿の量などは記載する紙をもらって日々つけましたが細かいことはぜひメモしましょう。

18:00 夕食

退院も決まったので特に回診や検査もなくゆっくりと時間を過ごしました。

夜間に微熱が出ることが少し気になってはいるので最後にエコーを撮ることになっていましたが、急患で夜間はずっとフロアがバタバタしていました。

19:00 37.0℃

21:00 就寝

応援よろしくお願いします。


肝臓・胆嚢・すい臓ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
にほんブログ村