胆嚢摘出手術の体験ブログ~健康診断からポリープ発見まで~【開腹胆嚢摘出術 手術体験記①】

健康診断で胆嚢ポリープ見つかる

いよいよ40歳になろうとする年の6月29日、健康診断で初めて腹部のエコーを撮りました。
腹部エコーは肝臓・膵臓・腎臓・胆嚢などに腫瘍がないか調べる検査です。これまでの健康診断では腹部エコーはありませんでしたが、40歳過ぎたら受けることになっていました。

検査はベッドにあおむけに寝て技師さんがお腹に機械をあててグリグリして、さらっと終わるかなーと思っていたら徐々に技師さんの挙動がおかしくなり、やたら念入りにグリグリと・・・。

最終的に四つん這いにさせられたり・・・。
これは何かあるかなあと心配していたら、

胆嚢ポリープの疑いあり!すぐ受診せよ!

という結果がきちゃいました。

胆嚢:胆嚢腫瘤あり

※腫瘤・・・ポリープのこと

 

ちなみに、他にも下記二つを指摘されていましたが、経過観察で問題ないとのこと。

肝臓:肝血管腫疑い

腎臓:左腎嚢胞


造影剤CTを撮ってポリープの検査

健康診断の結果を受けて、健康診断を受けた場所と同じである東京ミッドタウンクリニックへ行ったところ、『造影CT検査』を行うことになりました。

造影剤を使ったCTは、以前も受けたことがあるので抵抗はなかったです。

結果はこちら

胆嚢に1.3cmほどの造影される腫瘤あり。辺縁は整だが比較的大きいため胆嚢癌の否定はできません。


癌!!って言葉に戸惑うものの、クリニックの先生曰く、「若いしポリープの形見る限り大丈夫そう」と言っていました。

ただし、ちょっとポリープが大きくて経過観察にするには不気味らしい・・・。

クリニックでは手術ができないので、『東京慈恵医科大学付属病院(本院)』を紹介してもらいました。

応援よろしくお願いします。


肝臓・胆嚢・すい臓ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ
にほんブログ村