鯛の刺身で一汁一菜一献


今夜は鯛の刺身で晩酌をやりながらご飯を食べました。

鯛の血合い骨

鯛の刺身はサクでも売っていますが、背中側の身と腹側の身があります。

三枚におろした状態だと、背と腹の間に中骨があり、抜けないので背と腹に切り分けて使います。

スーパーでいつもまだ切り分けてない状態のものを買うことが多くて、中骨を切った後の肉がもったいないのでいつもどうしようか迷います。

うまーく切れば量も少ないですが、そこまで技量がなくていつも適当です(笑)

今日はその肉を使って汁物を作ってみました。

梅仕立ての潮汁

もう簡単すぎですが、水を沸騰させて酒を入れて鯛を入れて梅干しを入れてほぐして少し煮たら完成です。

適当な割にはうまかった!ちょっと、次は切り身でやってもいいんじゃないかって感じでした。

刺身はちょっと雑な盛り付けになっちゃいました。

鯛の刺身を食べる時の定番ですが、生醤油に美味しいお酒をたらしました。

これに刺身を泳がせてワサビをのせて食べるのが好きです。

足りなくて、おやつの卵焼き


ついついツマミが足りなくて作った卵焼きです。

小さい頃けっこうやりました、電子レンジで卵焼き!おやつで食べていたんだと思います。

パサパサ感がけっこう好きでした(笑)

最近は全然やりませんが、久々にやってみました。

昔は卵に醤油だけで、たぶんラップをして破裂寸前まで加熱ってのをやっていましたが、今回はちょっと変えてみました。

経験値があがったか、美味しくなったと思います。

作り方は、卵一個にお水を大さじ1杯いれてて、醤油をちょっといれラップをかけずに加熱です。

様子見ながらやりましたが、破裂せず、パサつかず思ったより美味しく出来ました。

ちょっとアノパサパサが恋しい気もしますが、普通に美味しくて満足です。

あわせて読みたい