塩鮭の茶漬け


なんだか最近またお茶漬けが多くなってきました。

魯山人は塩鱒の茶漬けがお好み!?

鮭茶漬けを食べよう!と思って、改めて魯山人の本を読んでみたら、塩鮭よりも塩鱒の方が味が良いと書いていました。

塩鱒!?というか、鮭と鱒の違いって明確に言えない(笑)

スーパーで鮭を買おうと思っても、塩鮭と塩鱒ってあんまり意識して区別したことがないような・・・。

よく見かける鮭は紅鮭とか銀鮭とか秋鮭とか、あとは刺身とかのサーモン。

鱒と言えばニジマスですが、イワナとかヤマメも鱒か。

色々調べても結構分類が曖昧な様で明確には言えそうにないです。

なので、ちょっと塩鱒に限定していえば、おそらくサクラマスかカラフトマスの事だと思われます。

となるとなかなか塩鱒の茶漬けなんて食べられそうにないですね。見つけたら買わねば・・・。

鮭で茶漬けをやるなら新巻鮭が一番いいと魯山人は書いていました。

こちらは手に入りやすそうなのでできそうですね。

今日の茶漬けはほんと安い普通の紅鮭ですが、十分美味しいです。

皮を入れろ!と魯山人が書いていたのでちゃんと入れました(笑)

作り方は簡単で、鮭をほぐして粉茶をかけるだけです。

醤油も塩も入れないので塩がきつめの鮭や鱒があうと思います。

新巻鮭や塩鱒が見つからなくても、面白がって色々試してみるのがいいかもしれませんね。