魯山人の茶漬けシリーズ、てんぷら茶漬けは旨かった。


お昼にてんぷら茶漬けをたべました。魯山人が紹介してい茶漬けの中でやったことなかった一品です。


てんぷら茶漬けはかなり上位の旨さ

魯山人の茶漬けリスト

  • 塩鮭、塩鱒の茶漬け
  • 鱧、穴子、鰻の茶漬け
  • 納豆茶漬け
  • 塩昆布茶漬け
  • てんぷら茶漬け
  • 京都のごりの茶漬け
  • 車海老の茶漬け
  • 鮪の茶漬け
  • 海苔の茶漬け

これまで鮭、鰻、納豆、海老、鮪、海苔など手軽なお茶漬けは好きで食べていましたが、てんぷら茶漬けは食べていませんでした。

なんかピンとこなくて。ところがふと、てんぷらに抹茶塩とかあるし、やっぱ旨いんじゃないかと試してみました。

スーパーの惣菜でてんぷらを買って、クシャクシャにしたアルミホイルの上に並べてオーブントースターで温めました。

ほんとは網で炙ると買いてありましたが、手軽にやってみました。少し焦げがつくくらいまで炙るといいみたいです。

熱いご飯にてんぷらをのせて、塩をふって粉茶をかけて食べました。

てんつゆはダメで、塩か生醤油がいいそうです。

今回は塩だけで食べましたが大正解で、塩気とてんぷらの旨味と甘みにお茶が合わさってほんとに美味しいです。

けっこう鮪とか簡単で美味しいので何度もリピートしてますが、てんぷらも意外と飽きずにリピート出来そうなくらい美味しかった。

海老のてんぷらだけでも良さそうですが、季節によって色々組み合わせても面白そう。

魯山人が紹介している茶漬けは色々ありますが、何が一番かは、やっぱ気分かなーと思います。

魯山人も茶と塩だけで良いときもあるし、気分次第で鯛や牛肉や沢庵や選べばいいと書いています。
要するに茶漬けはポテンシャルが高い!って事かもしれませんね。