二味のネギ丼で一汁一菜

本日の昼食:ネギ丼、めかぶとシラスの和え物、ほうれん草と鰹節と昆布の味噌汁

いつの頃からか、二味と命名

二味というのはよくやる組み合わせで、一味と山椒の意味です。

七味ならぬ二味ということですが、コレ結構やっています。
七味も好きですがもっとわかりやすい味になるので、汁物なんかの時には山椒をまず入れてその後一味をいれて味の変化を楽しみます。

ネギ丼は完全に貧乏レシピですが、今回初めて作りました。

鴨を炒めて出た油で炒めるネギが好きで、美味しい油でネギ炒めれば食えるだろうとやってみました。
甘味が不足していましたが、二味のおかげで食えました。

作り方

  • ごま油でネギを炒め、しんなりしたら強火にしてしょうゆをジュっといれる。
  • ご飯にのせて、山椒と一味をかける。

簡単なまま、なにかちょい足しすればもっと食えたのでまたやってみたいです。
もっとも、ごま油を鴨の油にかえれば最高な丼になりますね。

あわせて読みたい