かつおの生利節(なまり節)の甘酢がけとぶっかけ飯


かつおの生利節を作りました。

茹でたり蒸したり燻製にしたり、生利節はいろいろな手法があるみたいですが、シンプルに蒸してみました。

刺身用の柵に塩をふって30分ぐらい放置してからざっと洗い流します。

水気をふき取り酒をふりかけて15分蒸します。

扱いやすいように4切れぐらいにぶつ切りにしました。

ほんと簡単です。

かつおの刺身用の柵はアニサキスが話題になってから人気がないのかとても安く手に入ります。

刺身もうまいですが、生利節も自分で作れば美味しいですよ!

刺身より日持ちもしますし、献立の幅も広がります。

食べ方ですが、まずは冷やした生利節に甘酢をかけたものがおすすめ。

甘酢は薄口しょうゆ、酢、水、砂糖を大さじ1と塩ひとつまみでいい感じでした。


生利節とともにビールのお供のぬか漬け。

半額のやつ(笑)

これも結構半額で残ってるので結構買う事多いかも。


焼き椎茸!南部鉄器のグリルパンで焼いちゃいました。


焼き鳥!これは年中食える最強のお友達(笑)


〆のぶっかけ飯!

かつおの生利節と茄子、ミョウガです。

昆布出汁ベースでシンプルに醤油、酒、みりんで味付けるだけで美味い。

甘酢の生利節も好きですが、結構このぶっかけ飯がおすすめですね。

七味をかけて汗だくで食べたくなる一品です。